婚活ブログ

婚活豆知識 京滋ブライダルについて

マッチングアプリの落とし穴

マッチングアプリの落とし穴

京都、滋賀の結婚相談所 京滋ブライダル(keijibridal)です。

「40歳からの男性婚活始めませんか。」とお声かけをして、現在では女性を含め30歳代から60歳代まで多くの方の婚活支援をさせていただいています。

先日、IBJのブログに「婚活アプリの危険性」として、マッチングアプリ大手「Omiai」の会員情報サーバーへの不正アクセスにより、約171万件の画像データが流失した恐れのある記事をご紹介させていただきました。詳細は、https://www.ibjapan.com/area/shiga/45281/blog/56236/ をご覧ください。

今日(2021.5.26)の朝日新聞には、改めて「免許証画像 悪用リスク」の見出しで、画像データ流出の危険性が報じられています。明治大学の湯浅教授に取材された内容が掲載されていますので一部抜粋します。(画像は5月26日付け 朝日新聞朝刊7面から)

「他の個人情報の流出とはレベルが違う。免許証のコピーがあれば、金融機関のオンライン口座開設や携帯電話の契約などに悪用される可能性もある。アプリ運営者は、公的証明書を取り扱う重大性に気づいていたのか疑問だ。」

アプリなどの利用者が気をつけるべき点はとの問いに

「自衛するしかない。法律で求められていないのに、顔写真付きの証明書を送信してしまっていいのか。・・・」

そして、このアプリの利用者で30歳代女性の声も紹介されています。

「顔、フルネーム、住所、生年月日などが全て流出している(可能性がある)ことに恐怖を感じる。補償があるのかなどを説明してほしい。」と憤慨しています。

婚活をしていく上で、相手に自分を知ってもらうには一定の個人情報開示は必要ですが、「免許証」などの画像データが必要だったのか、改めて問われますよね。

その点、京滋ブライダルも加盟するIBJのお見合いシステムでの会員登録は、各相談所カウンセラーが本人確認の上、オフラインでデータの管理がされていますのでご安心ください。

本人確認のため、住民票、免許証、社員証、卒業証明書などの確認をしておりますが、また、確実にしなければなりませんが、そのデータをオンライン上にアップすることはありません。個人情報管理の徹底を何よりも大切と考えるカウンセラーが責任を持って管理しておりますのでご安心ください。

また、プロフィールに顔写真は掲載されますが、そのお顔と個人を特定する情報はありません。お名前はコードナンバーで公開され、住所も都道府県名まで(希望者は市町村名まで)、生年月日も年と月までです。

どうぞ、ご安心いただき、婚活を進めてください。また、ご入会ください、ご相談をお待ちしています。

 

IBJ会員7万人突破記念キャンペーン実施中!

7月7日まで、スタンダードコースに限り、入会金通常30,000円のところを今だけ半額!!  詳しくはお問い合わせください。

 

40歳からの男性婚活始めませんか。 信頼と実績  京都、滋賀の結婚相談所  京滋ブライダル

 

 

カテゴリー別一覧

  • 成婚退会者のお声
  • 親御様の無料相談
  • 再婚活はじめませんか?
  • シニア婚活
CM動画はこちら
婚活パーティー

開催中の婚活パーティーはありません

space
トップページへ